高速バスはメリットデメリット確認しておきましょう

はじめての高速バスで何を準備して良いかわからない人は乾燥やむくみなどの対策をしておくと安心して乗り込めるのではないでしょうか。

飴はのどの乾燥だけでなく酸味のあるものなら車酔いにも効果的なのでおすすめです。

それからバスの発着場所は間違えのないよう確認しておきます。

町中を走る路線バスが停まる停留所には停まりませんので地図は必ず忘れないように持ち時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

また貴重品ポーチなどを使って大切なものはしっかり守りましょう。

長距離移動に高速バスを利用する際お手洗いの問題は重要です。

就寝時間帯に移動するタイプのバスならそれほど困らないかもしれないですが、どうしても数時間の長距離移動となるので行きたくなることが全くないとは言い難いと思います。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るので何時間も我慢を強いられることはないでしょうが、例えば車酔いしてしまったなどただちに行かなくてはならない状況に陥る可能性もゼロではありません。

どうしても不安なときはトイレ付きの車両を選ぶと良いでしょう。

必要なとき行く場所があると思えるだけで移動中の安心感が違いますよね。

高速バスのメリットは多くありますがふたつほど挙げてみたいと思います。

まず多くの人にとって嬉しいのが驚きの格安料金設定でしょう。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんのでそこはしっかりとした調査や判断が必要になってくるところではありますが、とにかく安く移動したい人にしてみたらこれほど嬉しいこともないと思います。

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

夜行なら普段の就寝時間帯に車内で睡眠がとれるので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

交通手段は様々ありますがその中でも高速バスは大きなメリットとして格安料金を認識している人も多いかと思います。

一方のデメリットはどんなものがあるか調べてみました。

やはり多くの人が不安を感じるのは安全面だと思います。

それぞれの運転手により左右される部分が大きい乗り物ですから会社全体でサポートする体制ができているかも選ぶ際に重要な部分となります。

またしばしば到着時刻が早まったり遅れたりもするので到着する日は時間に余裕をもって予定を入れるようにしましょう。

他には同じ姿勢での長時間移動になるのでエアクッションなどを持参すると良いと思います。

バスで長距離を走るとなると、かかる時間も長くなります。

移動が長くて疲れる...という人のためにいくつか対処法を考えてみました。

まず社内で何をして良いかわからない人はモニター付きのものを選んでみては?下を向いた姿勢がつらくて本が読めない人も前を向いたままモニターを見られるので気持ち悪くなりにくいと思います。

そして座った体勢が続くのがきつい人は首や腰を支える枕を用意したり、あるいは少なめの座席数でゆったりと過ごしやすい車両を利用したりするのが良いでしょう。

ちょっとしたおやつや音楽プレイヤーなどでも楽しめます。

高速バスがよく使われる区間として挙げられる一つが東京から大阪間。

時間はかかりますが料金的には数千円とお安くなっています。

例えばこれを他の手段で移動するとなると新幹線を使ったらおよそ3時間かかり14500円ほどの金額になります。

また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですが空港までの行き来にかかる手間と一万円以上の金額がネックです。

そう考えていくとバスでの移動は費用面で最も恩恵が大きいと言えるでしょう。

そのときどきで移動の際求めるものは異なるでしょうから旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

移動も長時間になると不安になってくるのがスマホなどのバッテリーがどれだけ残っているか。

気を付けながら使っていたつもりでも思っていた以上に減りが早い!という経験がある方も多いかと思います。

新幹線は窓際や一番前の席などで充電ができる乗り物ですが実は高速バスにもコンセント付きの車両というのがあるんです。

情報サイトによってはその特集も組まれるほど利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。

しかも個々の席に取り付けられているのもポイントが高いですね。

大型車による事故がここ数年様々な場所で起きています。

大きく取り上げられていたこともありよく覚えているし気になるという人も少なくないと思います。

高速道路では車はその名の通り一般道よりスピードのある流れで移動しています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですしスピードにのったときのパワーは比例して大きくなります。

実は事故率で見れば特別高いわけではないそうですが運転する人の手に頼る部分が大きい乗り物であることは事実ですし事故となると重大な事態に陥りかねないとも言えるかもしれません。

予想外の出来事などで予定が急にずれ込んでしまった場合など高速バスは乗車当日でも座席がとれるのでしょうか?気になったところをチェックしてみますとバス会社によって席が空いていれば即日予約をして乗車することも可能とのこと。

引用:オリオンバスのメリットとは?高速バス予約!【直行便のメリットとは?】

特に夜行バスならそういうものは割とあるようなので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

運行本数が多い路線なら希望通りに座席を取ることも可能かもしれません。

ただ即日乗車可とは言っても予約せずに乗り場へ行っても乗せてはもらえませんので事前にしっかりとっておきましょう。

楽しい旅行を年に数回したいがために毎日を過ごしているという人も多いでしょう。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

お得に観光するために有効な手段の一つとして移動手段に長距離バスを取り入れてみるというのもアリだと思います。

最大のメリットは料金的な部分ですがそれだけではありません。

サービスエリアが開いている時間なら移動中もいろいろ楽しめますし、夜行で行くなら移動しながら睡眠もとれて次の日の早朝には目的地で動き回ることも可能なのです。

お金も時間も有効に使って思い出に残る旅にしたいですね。

どうしたら高速バスに乗れるのかわからない...。

とお思いの方のために予約の仕方をご説明したいと思います。

利便性が最も高いのがなんといってもネット。

リアルタイムで状況を確認しながら席を押さえることができ車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

それから電話でお願いすることもできます。

ネットより煩わしくないという人もいるかもしれませんね。

一部では窓口に行けば直接購入できたり便利なところではコンビニ端末でも購入可能だったりするとか。

いろいろあるので気になる会社の乗車券購入法を調べてみてはいかがでしょうか。

乗り物を回数券でお得に利用した経験はおありでしょうか。

数回分まとめて購入することで1回分おまけしてくれたりするのですが元の価格設定がかなり安い高速バスにもあるのでしょうか。

サイトなどをチェックしてみますと窓口で販売されている会社がありました。

対象路線を何回も使う予定がこれからあるなら一度購入してみると良いかもしれません。

ただ購入日からの有効期限もあったりしますし6枚などの数枚つづりだったりするので自分の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。

女子だけのグループや一人旅でバスを使っての長旅となると防犯的な面を気にするという人は少なくないでしょう。

ただでさえリラックスした格好で臨みたい長距離移動ですし男性がいなければもっとずっと気楽なのにというのが本音なのではないでしょうか。

そういった人たちに選ばれているのが女性専用で利用できる車両です。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

ぜひ安心して旅を楽しみたいですね。

乗り物に酔いやすい人にとって旅の移動は一種のプレッシャーになる場合があります。

せっかくの楽しい旅行なのにできれば不安は解消しておきたいですよね。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は酔ってしまったときに対処するのが難しくなります。

そこでネットにある車酔いしないためのコツを数点挙げてみます。

バスに乗る前の準備ですが食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

リラックスできるゆるめの服装だと体が楽です。

持ち込む飲み物は炭酸水が良いと思います。

景色は近くより遠くを見る方が酔いにくいです。

様々なランキングサイトがありますがその中でも高速バス会社について評判やクチコミを比べてみましょう。

まずVIPライナーは夜行バスが得意分野だそうでサービスの独自性や車内設備の充実度が評価されている点のようです。

料金の安さが強みだというサンシャインツアーは他にもパックツアーも豊富でキャンペーンも魅力なのだとか。

またピンク色のバスでよく知られるWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

このように選択肢はたくさんありますが重要な選ぶ基準として安全面をどれだけ大切にしているかも考えたいところですね。