消費者金融審査が甘い件を調べてみた

消費者金融の借り方

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融とクレジットカードの関係

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。