消費者金融審査が甘いという2ch情報まとめ

消費者金融の貸付限度額は

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融返済遅れたら

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。