消費者金融審査が甘いのは大丈夫?

消費者金融の種類は

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融は保証人いるの

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。