消費者金融とブラックリスト

消費者金融のブラックリストという言葉は、キャッシングを使う時にしばしば聞きます。ブラックリストは、貸し倒れリスクが高い人や、返済トラブルを起こす可能性のある人のリストだといいます。かつて、借りたお金を返すことができなくなった経験がある人や、カード払いを踏み倒したことがある顧客のことです。破産の手続きをした人も、ブラックリストに入っているといいます。

消費者金融カード発行やローン利用の手続きには、全ての金融会社がまず信用力の審査を行います。ブラックリストに名前を連ねている人であれば、審査に通らず融資は受けられません。ブラックリストは各金融会社ごとにデータとして一括管理されているとも言われています。誰がブラックリスト扱いかは、各社によって異なります。一般的にはクレジットカードを新規に申し込む際や、キャッシングを利用する際に、名前や生年月日、住所などで検索します。

現在借入中の金額や、かつてのキャッシング利用歴を閲覧できる仕組みになっています。クレジットの利用履歴やキャッシングの返済状況については、キャッシング会社はそれぞれ融通しています。仮に1社で支払いを滞納すればブラックリストに載り、ほとんどの金融会社でキャッシングなどが利用できなくなると言われています。

コメントは受け付けていません。

»

▲Pagetop

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー