消費者金融レイクの審査は厳しい?

消費者金融に詳しい管理人です。

今日はCMでおなじみの消費者金融レイクのお話をします。

レイクには30日間無利息という商品もありますので、
利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

レイクのフリーローンの申し込みは、
パソコン、携帯電話を使って
インターネット上で行うこともできます。

融資可能となった場合は、契約の手続きに入ります。

申し込みの際には、本人確認書類として

◎運転免許証、
◎健康保険証、
◎パスポート、
◎外国人登録証

などが必要です。

収入証明書類として、

◎源泉徴収表、
◎住民税決定通知書、
◎納税通知書、
◎確定申告票、
◎所得証明書、
◎給与明細書

などを用意する必要があります。

返済は、インターネットを利用して24時間可能ですし、
レイクATMや提携ATMを利用しての返済も可能です。

返済を無理なく続けるためには、
無理のない返済計画を立てるとともに、
余裕があるときには早めに返済するという
心構えも大事です。

また、返済日が近づくと
メールで知らせてくれるシステムがあります。

レイクに相談もなく、
返済をしなかった場合には「延滞」などの事故歴が、
個人信用情報に登録されてしまう可能性があります。

「180日、あるいは30日の利息がゼロ円という期間がある」
のはとてもお得で便利です。
レイク審査

消費者金融の融資とは?アコムで借りる

不景気が続きお金に困る人が多いことや、テレビCMで消費者金融へのイメージが向上していることから、キャッシング融資を受ける人が増えています。消費者金融という言葉に警戒心を持つ人は、昔は結構多かったように思います。

消費者金融からお金を借りようものなら、気づけば利息が膨大な金額になって借金取りが押し寄せるというイメージもありました。最近では、大手の消費者金融が親しみやすい芸能人などを使ってのコマーシャルを行っています。

消費者金融の広告やちらしを見ない日はないぐらいになっています。消費者金融が怖いもの、危険なものという印象は薄れてきているようです。この頃は、消費者金融を利用しているという人が多くなってきているといいます。

ネットが普及したことにより、キャッシングや消費者金融に関する知識は手軽に手にはいるようになってきています。これまで融資を受けたことがなくても、試してみやすくなりました。

銀行から融資を受ける際は提出する書類も多く、しかも審査に時間がかかると言う事もありました。この頃は、30秒で審査の結果がわかるという消費者金融も存在します。融資を受ける際には、消費者金融、銀行系など関係なく少なくとも金利や審査内容については調べる必要があります。お金を借りるならアコム審査がおすすめ。

消費者金融とブラックリスト

消費者金融のブラックリストという言葉は、キャッシングを使う時にしばしば聞きます。ブラックリストは、貸し倒れリスクが高い人や、返済トラブルを起こす可能性のある人のリストだといいます。かつて、借りたお金を返すことができなくなった経験がある人や、カード払いを踏み倒したことがある顧客のことです。破産の手続きをした人も、ブラックリストに入っているといいます。

消費者金融カード発行やローン利用の手続きには、全ての金融会社がまず信用力の審査を行います。ブラックリストに名前を連ねている人であれば、審査に通らず融資は受けられません。ブラックリストは各金融会社ごとにデータとして一括管理されているとも言われています。誰がブラックリスト扱いかは、各社によって異なります。一般的にはクレジットカードを新規に申し込む際や、キャッシングを利用する際に、名前や生年月日、住所などで検索します。

現在借入中の金額や、かつてのキャッシング利用歴を閲覧できる仕組みになっています。クレジットの利用履歴やキャッシングの返済状況については、キャッシング会社はそれぞれ融通しています。仮に1社で支払いを滞納すればブラックリストに載り、ほとんどの金融会社でキャッシングなどが利用できなくなると言われています。

▲Pagetop

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー